jnla,ISO17025認定登録取得 コンサルタント 都城情報ビジネス

JNLA,ISO17025認定登録取得 コンサルタント 都城情報ビジネス

コンクリート・セメント等無機系材料強度試,骨材試験,石灰・セメント・ガラス化学分析試験のJNLA登録企業一覧

JNLAの登録をされている企業様のご案内です。

 

北海道    株式会社札幌谷藤 試験事業部
     株式会社ズコーシャ
     株式会社イーエス総合研究所 材料試験所
     共和コンクリート工業株式会社 技術研究所
     株式会社DEPO
     太平洋総合コンサルタント株式会社 コンクリート用骨材試験所
     地方独立行政法人北海道立総合研究機構 建築研究本部

 

秋田県    秋田県生コンクリート工業組合 技術研修センター

 

青森県   青森県生コンクリート工業組合 技術研修センター

 

岩手県   公益財団法人岩手県土木技術振興協会
    岩手県生コンクリート工業組合 県南技術センター

 

宮城県     仙台コンクリート試験センタ−株式会社

 

福島県     一般財団法人ふくしま市町村支援機構 試験審査所

 

東京都     株式会社クォリティー
      一般社団法人建築研究振興協会 八王子試験所
      一般社団法人セメント協会 研究所

 

神奈川県    株式会社八洋コンサルタント 技術センター

 

千葉県    全国生コンクリート工業組合連合会 中央技術研究所
     株式会社中研コンサルタント 船橋技術センター
      株式会社LIXIL 商品試験センター

 

埼玉県      三菱マテリアル株式会社 セメント事業カンパニー セメント研究所
      一般社団法人建築研究振興協会 戸田試験所

 

山梨県      山梨生コンクリート協同組合 山梨県コンクリート技術センター 共同試験場

 

栃木県     栃木県中央生コンクリート協同組合 栃木県生コンクリート技術センター

 

群馬県     公益財団法人群馬県建設技術センター 試験係

 

長野県      株式会社土木管理総合試験所

 

富山県       富山県生コンクリート工業組合 技術研究センター
      富山県生コンクリート工業組合 共同試験場

 

新潟県       一般財団法人新潟県建設技術センター

 

福井県       福井県生コンクリート工業組合 中央試験場
       福井県生コンクリート工業組合 嶺南試験場

 

石川県     石川県生コンクリート工業組合 県南共同試験場
      石川県生コンクリート工業組合 県北共同試験場
      中日本ハイウェイ・エンジニアリング名古屋株式会社   金沢支店

 

愛知県       一般財団法人東海技術センター
       公益財団法人なごや建設事業サービス財団 名古屋建設技術センター
       中部コンクリート検査株式会社

 

岐阜県        一般財団法人全国タイル検査・技術協会 岐阜試験所

 

静岡県       株式会社ジーベック 土質研究所

 

三重県     三重総合試験センター株式会社
       一般社団法人 三重県建設資材試験センター 中央試験場
       一般社団法人三重県建設資材試験センター 四日市試験場
       一般社団法人 三重県建設資材試験センター 鈴鹿試験場
       一般社団法人三重県建設資材試験センター 伊賀試験場
       一般社団法人 三重県建設資材試験センター 松阪試験場
        一般社団法人三重県建設資材試験センター 尾鷲試験場
        一般社団法人三重県建設資材試験センター 伊勢志摩試験場

 

大阪府        株式会社中研コンサルタント 大阪技術センター
       株式会社カネカテクノリサーチ 大阪分析センター
       関西コンクリート試験センター株式会社
       株式会社ピース 材料試験部
       有限会社ヒカリ  材料試験部
       株式会社オーテック 試験センター

 

兵庫県       住友大阪セメント株式会社 生産技術部 品質保証グループ 分析センター

 

奈良県      奈良県生コンクリート工業組合 技術センター

 

鳥取県      公益財団法人鳥取県建設技術センター

 

島根県       島根県生コンクリート工業組合 共同試験場

 

広島県        一般財団法人広島県環境保健協会 材料試験室
       広島地区生コンクリート協同組合 共同試験場
       西日本高速道路エンジニアリング中国株式会社 広島支店 広島総合事務所 土木試験課 

 

岡山県      公益財団法人岡山県建設技術センター

 

山口県       一般財団法人建材試験センター西日本試験所
       株式会社太平洋コンサルタント 西日本技術部
       山口県生コンクリート工業組合 技術センター
徳島県       徳島県生コンクリート協同組合 技術部試験室
       株式会社環境防災
高知県      株式会社中研コンサルタント 高知技術センター
       高知県生コンクリート工業組合 技術センター 
       高知県生コンクリート工業組合 技術センター 幡多試験所

 

愛媛県      南予生コンクリート協同組合 南予技術センター
       中予生コンクリート協同組合 愛媛県生コンクリート工業組合 中予技術センター
福岡県       株式会社太平洋コンサルタント 西日本コンクリート試験センター
        株式会社麻生 建設コンサルティング事業部
       一般財団法人九州環境管理協会
       有限会社コンクリートサポートセンター
       公益財団法人福岡県建設技術情報センター

 

長崎県       長崎県生コンクリート工業組合 県央技術センター
       長崎県生コンクリート工業組合 島原南高技術センター
       長崎県生コンクリート工業組合 下五島技術センター
       長崎県生コンクリート工業組合 対馬技術センター
       公益財団法人長崎県建設技術研究センター

 

佐賀県      公益財団法人佐賀県建設技術支援機構 試験研修センター

 

熊本県      一般財団法人熊本県建設技術センター

 

宮崎県      宮崎県生コンクリート工業組合 共同試験場
       県北生コン協同組合 共同試験場

 

沖縄県      沖縄県生コンクリート工業組合 中南部地区共同試験所
      沖縄県生コンクリート工業組合 北部地区共同試験所
      一般財団法人沖縄県建設技術センター 試験研究部 試験研究班

平成27年度の試験所のJnlaの認定ISO17025を受けたのは、わずか8社。貴社はこの難関に対してどのように対応していきますか?

平成27度新規のiso17025取得,JNLA認定企業は,わずか8社のみです。この難関に、貴社はどのように対応していきますか?

 

JNLA登録・認定の分野及び区分

 

【登録分野:登録区分を14分野に分類】
@土木・建築分野
A一般機械分野
B電気分野(測光・情報含む)
C車両分野
D鉄鋼・非鉄金属分野
E化学品分野
F繊維分野
Gパルプ・紙・包装分野
H窯業分野
I給水・燃焼機器分野
J日用品分野
K抗菌分野
L医療・福祉・保安品分野
M放射線関連分野

 

【登録区分】
◆経済産業省告示で定める区分は、現在468区分。
◆新規制定JISをはじめ、−試験方法−区分での申請も可能。

 

平成27度の新規のiso17025取得,JNLA認定企業は,わずか8社のみです。
この難関に、貴社はどのように対応していきますか?

 

独立行政法人製品評価技術基盤機構http://www.nite.go.jp/iajapan/jnla/information/index.html に”お知らせ”というところがあり

 

登録更新された企業様は,「次の事業者が登録更新されました」のように案内され、新規の企業様は、「次の事業者が新規登録されました」

 

という表現になっていますので、ご確認下さい。

 


本当に新規の事業者の登録は、極少数であることが分かります。

 

会社からISO17025を取得する方針が出されても、どのような準備をしていいかも分からない。

何をしたらいいか分からない。ISO17025に関する本がない。ISO17025の品質マニュアル等がない。どのくらいの期間で取得できるのか見当もつかない。ISO17025の取得のコンサルタントを見つけられない。どこの審査機関が審査をしてくれるのか分からない。

JNLA登録申請の多い分野

 

 

JNLA登録申請の多い分野

 

◆土木・建築分野

 

・コンクリート・セメント等無機系材料強度試験
・骨材試験
・吸音・遮音試験

 

◆電気分野:LED電球及びLED照明器具の試験

 

口照明器具電気的特性試験、光源色試験等

 

口放射線等危険性試験(LED照明の光生物学的安全性試験)

 

◆繊維分野:特定芳香族アミンの定量分析

 

・繊維製品―アゾ色素由来の特定芳香族アミンの定量方法
−第1部及び第3部

ISO17025の要求事項の構成

ISO17025の要求事項の構成,試験所及び校正機関の能力に関する一般要求事項,4 管理上の要求事項,5 技術的要求事項

しっかりした準備,計画がないとISO17025の取得は失敗します

しっかりした準備,計画がないとISO17025の取得は失敗します。 施設がそろっていない,設備がそろっていない,技術者の力量が足りない,<br />試験方法,校正方法が定まらない,測定データが採れない,品質マニュアル等の文書の作成が遅れる,内部監査の実施が深くない<br />

試験従事者の力量について

試験所は試験従事者の 「試験を行う 時点での能力(力量)」 を確実にす る必要がある。

 

このため、 まず@ 「試験従事者能カ評価」 を実施し 、 A 「教育・訓練」 及びB 「技量の実証」 を通し て

 

C 「資格付与(ある時点 における能力保有 )」 さ れること によって、 D 「力量」 を確実にする。

 

その後、 @〜Cのフォローアッ プを行い、D 「力量」 の維持を確認することが必要である。

 

教育・訓練の有効性の評価記録、 権限付与の記録、 力量確認の記録について、日付が空欄であり、 適切に維持されていなかったりするので、

 

注意する必要があります。(5.2.5)。

 

弊社では、ペーパー試験問題を指導先の品質管理者や技術管理者に作成して頂き、例えば第1問では2題の記述式の問題(250字以内)で

 

解答していくことにし、JIS規格等の短答式の問題も導入してもらっています。

 

そしてこのペーパー試験と同時に試験員の技能試験を実施し、70点以上の人を資格者として認定し資格を与えています。

是正処置について

不適合が発生しているにも関わらず、 適切に原因分析が行われておらず、 再発防止効果のある是正処置がとられていない場合が多く

 

みられます。(4.11.2、 4.11.3)。

 

→不適合が発生したら、 まず不適合業務の管理(4.9)により 応急処置を行う と共に、原因分析(4.11.2)を行い、再発防止効果のある

 

是正処置(4.11.3)をと る必要があります。原因分析が適切でなく 、 的外れな是正処置がとられた場合、 不適合が再発する懸念があり、

 

是正処置が取られたとは言えません。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ コンサルテイング 認定機関 要求事項 自動見積 品質マニュアル セミナー案内 お問い合わせ 会社案内